時間には限りがある

投稿日:

最終更新日:

効率的な時間の使い方

我々のような経営者はサラリーマンと違って定年退職がないので、仕事をしようと思えば体が動くかぎりはいくつになっても可能ではあります。

サラリーマンよりは働けるとはいっても、時間には限りがあることは確かです。

あなたは考えたことありますか?

日本経済新聞によると、2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳になるのです。
世界と比べても2位に入っているのです。

この年齢を長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれの感覚ですが、少なくとも時間に限りがあるということは理解していただいたことでしょう。

なぜこのような話をしているかというと、あなたはビジネスをするうえで目標・目的があって起業してビジネスをやっている人が大半です。

では、あなたのビジネスで目標・目的を達成するためにはどのくらいの時間が必要なのでしょうか?
一週間、一年での事業計画を立てることはほとんどの社長がやっていることでしょう。

10年、20年での事業計画はどうでしょうか?
ほとんどの社長でここまで先の事業計画を立てている人はいないはずです。

時間は有効活用していかなければ、あっという間になくなってしまうというわけです。

ではどのようにして時間を管理していけばいいのかお話していきましょう。

1.優先順位をつけて仕事をする

まじめな人ほど毎日、毎日、朝から晩まで業務に追われているのです。
しかもすべての仕事を自分でやってしまう傾向にあります。

はたしてそれでいいのでしょうか?

最初にもお話したように時間には限りがあります。
起業当初はお金がなく仕事もないのですべての業務を自分でこなしてもさほど問題はないでしょう。
売上も順調にあがっていき、月間売り上げが100万を超えたあたりからほとんどの人は忙しくなり、時間に追われる日々が続きます。

業種によってもさまざまですが、100万を超えたあたりでやることが増えます。
大抵の場合、雑務が増え、社長が本来やらなければいけない仕事ができなくなるのです。

社長が本来やらなければいけない仕事ができない=会社・店舗の売り上げが頭打ちになるということです。
詳しくはこちらをご覧ください。

社長とは、、、

ではどうすればいいのか?

優先順位をつけて仕事をする

ことです。

どうやって優先順位をつけるのか説明していきましょう。

まずは、あなたが一日やっている仕事をすべてふせんに書き出してください。
ポイントとしては、内容は細かければ細かいほどいいです。

例えばサロン業の場合、

「お客さんを接客する」
「お客さんに施術をする」
「受付をする」
「DMを作成する」
「DMを発送する」

飲食店の場合、

「料理を提供する」
「新メニューの考案」
「材料を仕入れる」
「仕込みをする」
「チラシを作成する」

などがあげられます。

あなたがやっている仕事を細かく書きだすことで簡単に優先順位を決めることができるのです。
普段、当たり前にやっていると自分が何をやっているかなかなかわからなくなってしまうのです。
でも書き出すことによってやるべき仕事がしっかりと見えてきます。

あなたはお金になる仕事をやらなければならないのです。
大半の人はお金にならない仕事ばかりに時間を取られて一日が終わってしまう。
その繰り返しなのです。

それでは利益が増えるわけがありません!

利益を残したいのであれば、無駄な仕事は省いてお金になる仕事をしっかりやってください。

無駄な仕事というと「仕事に無駄なことなんてない!」という声が聞こえてきますが、ではこう考えてください。

あなたではなくてもできる作業は他に任せる!

2.あなたがやらなくてもいい作業は他に任せる

あなた一人でやることには限界があります。
売上があがれば忙しくなり、時間的にも利益的にもどこかのタイミングで限界は必ずきます。

例えば、年商1億円を目指しているのであれば一人ですべての業務をこなすことはとても無理です。
たとえできたとしても毎日毎日、時間に追われながら仕事をしている姿が想像できます。

あなたはそれでいいのですか?

家族との時間、恋人との時間、睡眠時間、自由な時間、趣味の時間すべてのことを犠牲にしてまでやらなければいけないことでしょうか?

少なくとも私は違います。

ちょっと話がそれてしまいましたが、あなたではなくてもできる作業は他に任せればいいのです。
あなたはお金になる仕事だけに集中するだけです。

最初にもお話ししたように、社長の行動=会社・店舗の売上なのです。

社長であるあなたが本来やらなければいけない仕事をやっていないのだとしたら、、、

どうなるかは想像がつきますよね。

従業員がいれば従業員に任せればいいし、ひとりでビジネスをされているなら外注先に任せればいいし、ビジネスパートナーがいればパートナーに任せればいいのです。

なんでもひとりでやろうとせずに、賢く利用していけばいいのです。
多少、お金はかかるかもしれませんが、あなたが本来やるべき仕事に集中することができれば、元を取るどころか大きく利益アップにつながるのです。

3.仕組みをつくれば時間を管理できる

あなたは考えたことがありますか?

仕組みをつくってしまえば時間を管理できることを、、、

売れる仕組みをつくることは簡単なことではありません。
しかし、あなたのビジネスで売れる仕組みをつくってしまえば、寝ているときでも旅行にいっているときでも遊んでいるときでも、どこにいても勝手に売れていくのです。

人が活動する時間には必ず限界はあります。
でも仕組みさえつくっていればあなたが何もしなくても、24時間365日、自動で売ることが可能なのです。

利益が勝手にあがる方法が他にあるでしょうか?

間違いなくないはずです!

仕事はお金を稼ぐ手段でしかないと僕は考えています。
人生、仕事ばかりではありません。
仕事以外に自由な時間を確保することもライフスタイルではないでしょうか。

そのためには、仕組みをつくりあなた自身が時間を管理する必要があるのです。
仕事に振りまわされてはいけません。
あなたがしっかりコントロールする術を身につけることなのです。

勘違いしないでほしいのですが、遊びに行く時間や旅行にいく時間を確実にとる必要があるといっているわけではありません。

「仕事が好きなんです」

というかたもいることでしょう。

あなたが時間をコントロールしながら思う存分、仕事をしてください

毎日仕事をするにしても、追われて仕事をするのと、あなた自身がコントロールして仕事をするのではまったく違うということを理解してください。

でもたまには息抜きしてくださいね(笑)

まとめ

時間には限りがあることが理解していただけたでしょうか?

仕事もプライベートも充実させるには時間を管理することがとても重要なのです。

おさらいしますね。

1.優先順位をつけて仕事をする
2.あなたがやらなくてもいい作業は他に任せる
3.仕組みをつくれば時間を管理できる

・まず、あなたがやっている仕事を書き出して優先順位をつける。
・その中であなたがやらなければいけない仕事とあなたがやらなくてもいい作業を分類する。
・あなたが何もしなくても勝手に利益がでる仕組みをつくる

これができればあなたのビジネスで、あなたの望む結果を手にすることはできるでしょう。

今のあなたのビジネスを変えたいと思いませんか?

無料レポート:新規のお客さんをつかむ4つの要因

セラピストをされている方に役立つ情報をメルマガでお届けします!

 

例えば、

土台づくり
仕組みづくり
お客さんの獲得の方法
お客さんとの付き合い方
集客から売上アップに繋げるには などなど・・・

 

メルマガ登録で「新規のお客さんをつかむ4つの要因」の無料レポートをプレゼント。

※登録解除はいつでも簡単にできます。

執筆者プロフィール

西村 通洋

リラクゼーション店を経営している実績を生かすことで、売上が上がらずに悩んでいる経営者の方を1人でも多くサポートしていき、悩みを解決できるように全力で取り組む。

» 詳しいプロフィールを見る

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『時間には限りがある』の前後の投稿はこちら▼